2009年02月12日

雛形やテンプレートは現場の役に立って「ナンボ」

※この記事は新しいブログに移行しました。

移行先は【雛形やテンプレートは現場の役に立って「ナンボ」 – サウスポーなエンジニアの独り言】です。


posted by yohhatu at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

[仕事]久々のお客様先常駐

 2月から新しいプロジェクトが始まりました。

 自分が経験したプロジェクト(一時的なサポートとかは除く)で一二を争う大規模なもので、要件定義工程からの参加です。

***********************

 で、こういう上流工程ではよくあるように「お客様に近いから」を理由の1つとして、お客様先に常駐しています。

 今の会社に入ってからお客様先常駐は初めてです。

 今までお客様先常駐も、逆にパートナーとして(私達の組織に)常駐してくる方を受け入れる立場もあり、今回再び久しぶり「お客様常駐」とでした。

 自分の立場、目線が変わると色々と見えることもありますが、より深い考察、比較ができるのは、例えば常駐する側→常駐される側(受入側)→常駐する側と、A→Bだけでなく、もう一度Aの状態になった時かなぁと思います。

 受入側のポイントは「いかに短時間でパフォーマンスを最大限に発揮してもらう」ことだと思います。
 なので、現状のキャッチアップをしやすくしたり、(環境が変わることによる)ストレスを軽減するか等をフォローする必要があると思います。
 それを忙しいから等、色々な理由にせよ「この辺りの資料読んでおいてください」だけではなかなかその目標を達成するのは難しいかなと(そしてそれは後ろの工程で響いて来ます)。

 まぁ、その辺は常駐する自分達で自主的にアプローチしていく必要があるとは思いますが…少し意地の悪い言い方をすると、どうするか試されているとも思います。

***********************

 まだ始まったばかりで何とも言えないですが、この辺りのスムーズさが今のところ欠けているプロジェクトなので、色々大変だなぁと思ったわけです。
タグ:日常
posted by yohhatu at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

週次フリカエリ

※この記事は新しいブログに移行しました。

移行先は【週次フリカエリ – サウスポーなエンジニアの独り言】です。
posted by yohhatu at 21:01 | Comment(1) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

「細部へのこだわり」

 エントリ【[仕事]変更履歴を論理的に見ておかしいと思わないのは…】で似たようなことを書いていますが…。

***********************

 仕様書を書く際に私が所属する会社ではExcelで書くことがほとんどです。

#Excelで仕様書を書くことの是非(「Wordが良い!」とか)は関係ありません。
#ちなみに今までの経験でWordを使った仕様書を見たのは2回だけです。


 そのExcelの特性に「画面と実際に印刷(or印刷プレビュー)した場合で表示が違う」というのがあります。

画面で見た場合.png 画面上では←のように見えますが…

印刷プレビューで見た場合.png 印刷プレビューでは2ページになっています。

 この特性自体はマイクロソフトによればパフォーマンスとのトレードオフによるExcelの仕様だそうです。
 Excelの仕様という以上、Excelの使い手が各自気をつける必要があります。

 で、レビュー時にこういう細かい点に気が回っていないドキュメントを見ると…
「他の部分…例えばプログラミング…でも細部に気が回っていないのではないか?それが原因でバグになったりしないか?」
 …と心配になるわけです。

 資料の作り手は「これは印刷せず画面で確認する資料だから、そんな細かいこと良いじゃない」と言うかもしれませんが、お客様(お客様でなくても自分以外の誰か)に渡った資料がどう利用される…それこそ印刷されてバインダーにファイリングされる…か保証はありません。

 全て印刷する必要はなく、せめて印刷プレビューを1回ザッと「変にページが切れていないかなぁ〜」と確認するだけですぐに見つけることができるはずです。

***********************

 細かい点かもしれませんが、お客様やプロジェクトメンバーからの「仕事に対する信頼感/信用度」は、そういう細かい点を確実にクリアし積み上げて行くことで、出来上がっていくものだと思います。
posted by yohhatu at 07:14 | Comment(1) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

2008年10月27日

[仕事]プロジェクトマネージャ試験受けてきました。

 というわけで、少し前の日曜日に情報処理のプロジェクトマネージャ試験を受験しました。

***********************

 印象は「とにかく右手が疲れた」です。
 あれほど短時間(2時間)で1600字以上の論文をガッ〜!と書くことなんてそうそう無いので。
#試験を受ける身として論文対策の練習を一度もしていないこと自体どうかと思いますが…。
 論文後半は右手の握力が無くなって、ジンジンと痺れに似た感覚が出てきたりとあまり丁寧でない文字になっていたと思います。

 もちろん物理的な疲労もありましたが、集中力を含めた頭の疲労も相当なものでした。
 午前試験は免除でしたが、これで午前試験も受けていたら、試験終了時にもっとプスプスと煙が上がっていただろうと思います。

 試験の出来自体は、午後1は全部の問題を埋め、午後2も所定文字数をクリアはしました。
 問題の内容的にも「はぁ、何言うてんのか全く分からへんわ」というのもありませんでした。

 とは言うものの(出題者側の)期待している正答かと言われると、自信は全くありません。
 ので、来年再チャレンジかな?と。

***********************

 余談ですが、何度か情報処理試験を受験していますが、今回の受験会場は全く初めての場所(最寄り駅自体も)でした。
 午後からで時間に余裕があったので会場を確認してからは結構プラプラとしていました。
 こういう時間も楽しいなぁと(ポジティブな気持ちで)午後の時間を過ごしていました。
タグ:資格
posted by yohhatu at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

[仕事]明日は…

 情報処理試験です。

***********************

 基本情報ソフトウェア開発と幸運にも連続で合格した情報処理試験ですが、今回は調子にのってプロジェクトマネージャー(プロマネ)を受験します。

 ソフトウェア開発に合格しているので午前試験は免除なので、午後の記述と小論文を頑張れば…なのですが、資格を取るモチベーションを前2回の試験で使い切ったのか、せっかく買った問題集も全然開いていない状態です。

 かなり上位の資格ですので、「1回目は様子見かな?」なんて受験前から言い訳モードです(苦笑)。 

***********************

 午後からなのでゆっくり出来るし…と前向きに考えて、次回に備えて敵情視察をする感覚で受けてきます。
 
タグ:資格
posted by yohhatu at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

ショートカットCtrl+Wって便利

 「知っている人にとってはごく当たり前ですが、知らない人にとっては全く知らない世界」的なものにショートカットキーがあると思います。

***********************

 保存(Ctrl+S)やコピー(Ctrl+C)はほぼ全員の人が使っているように思います。

#ここで言う「ほぼ全員」とは同僚のSEという意味です。

 普段からキーボードで片付けようという人はショートカットを色々と知っていることが多い気もします。
 で、私もできるだけキーボードで…の人なのですが、我ながら「なんで今まで知らなかったんだろう?」というショートカットを1つ覚えたので書いておきます。

 それは「Ctrl+W」です。
 Firefoxや秀丸などタブ表示できるアプリケーションで割り当てられていることが多いショートカットキーで、その「タブを閉じる」というものです。

 「Alt+F4」ではアプリケーション自体が閉じてしまいます。

 んで、Firefoxだとマウスジェスチャを使っていたのですが、キーボードでアプリケーションの操作をしたいと思うので「ないかなぁ〜」と探していたらありました。

***********************

 こういうのは、仕事のちょっとしたハックですが積み重ねていくと目に見えて生産性も向上して来るものだと思っています。
posted by yohhatu at 09:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

会議での「KY読めよ」な空気

※この記事は新しいブログに移行しました。

移行先は【会議での「KY読めよ」な空気がキライ – サウスポーなエンジニアの独り言】です。

タグ:考察
posted by yohhatu at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

[仕事]RSpecでgettextを有効にする方法。

 本当に備忘録です。

***********************

 何度かこのエントリにも出てきているRailsで構築したシステム。
 「多言語化対応」ということでgettextを使っています。

 で、普通(アプリケーションとして)は問題無く期待した動きをしているのですが、RSpecでテストコードを書いて、そこで使おうとした際、どうもうまく使えませんでした。

 例えば画面タイトルが日本語だと「発注入力」、英語だと「InputOrder」と定義しているとします。
 で、ブラウザは日本語なので「発注入力」と表示されるようなテストコードを書くと失敗します。
 失敗結果を見てみると「帰ってきている値は【InputOrder】やでぇ」てなメッセージが出ています。
 
 ということで…調べてみると「[rspec][gettext][memo]Rspecでgettextを使う方法」に突き当たったのでメモしておきます。

 rspec_helperに…

GetText.bindtextdomain('hoge')
GetText.locale = 'ja'
 
 …書けばOKです。
※hogeはinit_gettextメソッドの引数と一致させる必要があります。

***********************


 これでまたRSpecのテストコードをガシガシと書いていけます。
タグ:Rails RSpec gettext
posted by yohhatu at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

リーダーには説明責任がある

※この記事は新しいブログに移行しました。

移行先は【リーダーには説明責任がある – サウスポーなエンジニアの独り言】です。
posted by yohhatu at 16:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

[仕事]annotate_modelsの改良

 このエントリで書きましたRailsのPlugin「annotate_models」についてです。

***********************

 使い始めてから、その便利さにExcelのテーブル定義書を参照する頻度が減りました。

 ただ(人間の欲望には際限が無いもので)、普通にrakeタスクを実行すると全てのModelクラスを更新するのでSVN等の構成管理ツールを使っていると衝突が起きまくったり、不必要なコミットをする羽目になります。

 で、なんか良い方法無いかなぁとソースコードを見て「あぁ、ここを修正すれば…」と思って、Webで探すと…同じことを考えて、そして既に実現している人がいました。

※参考:annotate_modelsをちょっと改造@ずっと君のターン

 それをそのまま流用。

 更に調べてみるとさらに「annotate_modelsにindexの情報を付加する」なこともできるようです。
※参考:annotate_modelsにindexの情報を付加する@something new and exciting

 こっちは今は不要なので(と、それ程時間が無いので)導入は見送っています。

***********************

 今日、プロジェクトメンバーに「annotate_models」を使ってもらおうとして手順書代わりに自分の書いているエントリ(備忘録代わりなのでちょうど良い)を教えようとしたら、会社のファイアウォールにブロックされてしまいました(苦笑)。
タグ:Rails
posted by yohhatu at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

[仕事]NetBeansでのRSpec実行手順

 このエントリに書いたようにRSpecをテストファーストのツールとして今のプロジェクトで採用しています(まだまだごく一部のコードですが)。

 設定とコマンドラインから実行は既にできるのですが、開発ツールとして使っているNetBeansでの実行方法の備忘録です。

***********************

 と言っても特別なことをする必要はありませんでした。
 もちろんRSpecが適切に動く必要はありますが、「テストを中心にした Rails 開発」を参考にすればサクッとNetBeans上からRSpecのテストコードを実行できました。
 ちゃんとテストコード実装→Red→実装→Green→リファクタリング→Greenを確認しました。

#このドキュメントによればNetBeansにはJRuby用のRSpecが組み込まれているようです。

 ちょっと詰まったのは、NetBeansの出力ウィンドウに出るRSpecの結果の2バイト文字が文字化けすることです。
 ただ、これは「RSpecだから…」というわけではなく、NetBeansの出力ウィンドウの文字コードによる影響です。
 というわけで、以下のサイトを参考に

(NetBeansインストールフォルダ)\etc\netbeans.conf を開き、netbeans_default_options= に -J-Dfile.encoding=UTF-8を追加して、再起動すればOKです。

※参考サイト:NetBeansのコンソール出力文字化け解消@digo
※参考サイト:Ruby用にNetBeansを入れてみる@水の森ノート


***********************

 さて次はZenTestあたりの自動化にチャレンジしてみようと思います。
タグ:Rails RSpec NetBeans
posted by yohhatu at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

これって常識なんだろうか?

 今所属している会社は正社員が2000人以上います。

 当然、かなりの数の部署がありますし、現場以外にもスタッフ的部門もかなりの数があります。
 で、プロジェクトなどの日常業務以外で、そういう他部門の人達とメールをやり取りすることもあります。

***********************

 そんなある日、こんな出だしのメールが届きました。
システム開発部システム開発2グループ YOH様
 お世話になっています、人事部の田中です。

 この「お世話になっています」の一文に違和感を持ちました。

 私の所属部署と人事部は全く同じ会社(組織)です。
 グループ会社でもなく、アウトソージングしているわけでもありません。
 なのに「お世話になっています」って…「なんて他人行儀な」と正直思いました。

#例文ではスタッフ(間接部門)-ライン(現場)というものですが、たまに隣の部署…システム開発3グループからも「お世話になります」メールが来ます。
 私は何度か転職していますが、ここまでの会社規模で無かったですし、そういう社風の会社でも無かったので、この文面には出くわした時に最初は「ええっと…お客様?」と思ったわけです(笑)。

 各部署が協働して組織は動きますし、外の部署の視点で見ると「(なんらかの)サービスの提供先」でもあるので、「ある種お客様」と考えることもできます。
 ですので、その観点では「お世話になります」は間違っていないのですが、(良くも悪くも)フレンドリーでアットホームな組織が長かったので、最初は慣れませんでした。

 ちなみにこの「サービスを提供している」感覚は大事です。
 例えば、全社インフラのサービスを提供している部署に「〜で困っているのですが、何か知りませんか?」と問合せても梨の礫だったりすると「おいおい、そんなサービスレベルで外部のお客様に満足してもらえるんかいな?」とも思います。

 話を戻しますが、感覚的には「お世話になります」は「うちはここまでするわ。で、そっちはそっちでお願いね」と同じ組織内で線引きをしているようで、あまり好きではないです。

***********************

 というわけで、私は「『郷に入れば郷に従え』だよなぁ」と思いつつも「お疲れ様です、YOHです」と返信しています。(笑)
posted by yohhatu at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

[仕事]長音記号

 少し前のニュースですが「マイクロソフト製品ならびにサービスにおける外来語カタカナ用語末尾の長音表記の変更について」というのがありました。
※参考:http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3491

 以下は代表的なIT系ニュースサイトです。
・「マイクロソフトが外来語表記ルールを変更,カタカナ用語末尾の長音(ー)を表記 」(ITPro)
・「「フォルダ」が「フォルダー」に、マイクロソフトが長音表記を変更」(INTERNET Watch)
「マイクロソフトがカタカナ用語の長音表記ルールを変更へ」(slashdot)

***********************

 で、どんな風に変わるのかはマイクロソフトのサイトを見てもらうとして、(私の周りの)非IT業界ではそもそも「新表記」が優勢だった様子です。
 SEの間ではマイクロソフトが書いているように旧表記が多いように思います。

#ちょうどプロジェクトにいる新人が書いたドキュメントに「サーバー」とあり、それをメンバーの一人が「サーバて書く方が多いかな」とアドバイスしていた直後のニュースでした(笑)。

 どちらが正解とかは無いですが、常々書いているように結果として「読み手に疑問点や余計な労力を使わせない観点からある範囲(例えばプロジェクトや設計書単位)で統一されている」ことが大事です。

 感覚的には、サイトや文章で新表記を見かけるとやはり違和感がありますね。それに打鍵も少ない(笑)ですし、しばらくは旧表記で書くと思います。

***********************

 しかし…このニュースがきっかけでマニュアルやら今までお客様に納めているシステムの表記を変更しなくちゃならない…なんてことにならければ良いのですが(そんな本質的でないことに予算を使わないでしょうが)。
posted by yohhatu at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

本の読み方

※この記事は新しいブログに移行しました。

移行先は【本の読み方 – サウスポーなエンジニアの独り言】です。
タグ:Hack
posted by yohhatu at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

[仕事]ARFixture環境構築備忘録

 この前のエントリとテストの自動化改善のために使っているARFixtureプラグインの環境構築備忘録です。

***********************


【ar_fixturesのインストール】
ruby script/plugin install http://topfunky.net/svn/plugins/ar_fixtures


【yaml_wamlのインストール】
ruby script/plugin install http://yaml-waml.googlecode.com/svn/plugins/yaml_waml/

 ARFixtureだけだと、出力されたYAMLファイルで、UTF-8の日本語が正しく表示されません。
 yaml_wamlはそれを回避するプラグイン。

参考URL:yaml_waml:「to_yamlでUTF-8な日本語がbinaryになってしまう問題を回避するRailsプラグイン」CommentsAdd Star(角谷HTML化計画)

【YAMLファイルの作成】
 開発用DBのデータからYAMLファイルを作成します。
ruby script/runner <ModelClassName>.to_fixture


【YAMLファイルからデータをロード】
rake db:fixtures:load RAILS_ENV=test FIXTURES=users,events

 ここではTest環境のDBにusersとeventsのYAMLをロードしています。

※参考URL:データベースから.ymlファイルに変換する。(ザリガニが見ていた...。)

***********************

 これでスキーマ上の(整合性のある正しいデータから)YAMLファイルをサクッと作ることができ、またそのYAMLファイルをすぐにロードすることができます。

 これでテストを繰り返しやすくなります。
タグ:Rails ARFixture
posted by yohhatu at 10:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

[仕事]RSpec環境構築備忘録

 今のプロジェクトでテストの自動化が弱い…「ほとんどできていない」とも言う…ので、RSpecを導入して改善しようとしています。

 以下はその環境構築の備忘録です。

***********************

※参考:RSpec on Railsを試してみた。

【「rspec」pluginのインストール】
ruby script/plugin install http://rspec.rubyforge.org/svn/tags/CURRENT/rspec

【「rspec_on_rails」pluginのインストール】
ruby script/plugin install http://rspec.rubyforge.org/svn/tags/CURRENT/rspec_on_rails

【「win32console」のインストール】
gem install win32console

※エラーメッセージを色づけするために必要。
【rspecファイルの作成】
 アプリケーションのルートに移動して…
ruby script/generate rspec

 これで色々とファイルができます。

#rspecがちゃんと入っているかは…
ruby script/spec -v

 …で確認できます。

【雛形(ここではadmissionコントローラ)テストファイルの作成】
ruby script/generate rspec_controller admission

 モデルの場合、rspec_controllerがrspec_modelとなる。

 この時に既存アプリのソースがあれば上書きする?と聞かれます。
 
【実際にテストを実行】
ruby script/spec -cfs spec/controllers/admission_controller_spec.rb


 オプションは色々ありますが、cで結果をカラー表示、-fsで出力フォーマット(f)をspecdoc(s)風に出力するというものです。
 成功ならグリーン、失敗ならレッドで表示されます。

 ちなみに「実行可能なサンプル (example)」(RSpecではテストではなくサンプルと言うようです)に2バイト文字を使っている場合、Windowsコンソールだと文字化けします。

 そんな場合には以下のようにします。

[1]コマンドプロンプトの文字コードを変更する。
参考URL:「コマンドプロンプトの文字コード」
 コマンドプロンプト(cmd)の文字コードは、chcpコマンドを使えば変更可能です。
chcp 65001→UTF-8に変更


[2]フォントを日本語対象のものに変更する。

***********************


 これでRSpecが動くので、後はガシガシとテストケース…じゃなかったサンプルを書いていきます。
タグ:RSpec Rails
posted by yohhatu at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

[仕事]テーブルの列を入れ替え可能にするライブラリdragtable

 IDEA*IDEAで紹介されていたHTML上のTABLEの列変更が簡単にできるJavaScriptライブラリです。

***********************

 リンク先にあるように導入方法はいたって簡単です。
[1]読み込みの宣言
<script src="dragtable.js“></script>

[2]Tableタグに記述
<table class="draggable ">

 これだけでドラッグアンドドロップでExcelのように列の並び順を変えることができます。

#最近は(HTMLだけでは)できないことを感覚的に分かっているお客様が
多くなってきていますが、それでも良く「Excelと同じように並び替えとかフィルタとかをチャッチャとできるようにして欲しい」という要望があります。


 で、ちょうどTABLEタグを使っての一覧系の画面があったので導入しようとしたわけです。
 結論としては普通のTABLEタグなら期待する動きをするのですが、以下のような列ヘッダが2段組になっていたりすると、レイアウトが崩れて表示されてしまいます。

dragtableでレイアウトが崩れる.PNG


 ひょっとすればライブラリの中身を見れば何とかできるのかもしれませんが、そこまで時間がなかったので…。

***********************


 こういう労力少なく、かつ日常の利用ユーザにとってけっこう便利という、所謂【費用対効果の高い】提案ができそうだったのに残念です。

 ただシンプルな表なら使えるので、試してみる価値はあると思います。
タグ:javascript
posted by yohhatu at 01:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。