2011年12月01日

[仕事]WindowsでのRails3環境構築

 Windows上でのRails3の環境構築に毎回ちょっとはまって、同じようにググって解決しているので自分用備忘録です。
#間違いあったら指摘してくれると嬉しいです。

◆ゴール
Ruby1.9.3 + Rails3 + SQLite で動くアプリの動作確認をする。

◆Rubyのインストール
 ダウンロード先はこちらで「RubyInstaller」を選択します。

 インストールは任意の場所で良いですが、全角文字やスペースがあるパスは避けた方が良いと思います(私は「c:\myapp\ruby193」のようにしています)。

 コマンドプロンプトで「ruby -v」でインストールしたバージョンが表示されればOKです。
ruby 1.9.3p0 (2011-10-30) [i386-mingw32]

※うまく表示されない場合は<インストール先フォルダ>\binにPATHが通っているか確認してみてください。

◆Railsのインストール
gem install rails

 インストール後、コマンドプロンプトで「rails -v」でインストールしたバージョンが表示されればOKです。
Rails 3.1.3
 
◆SQLite3のインストール
 こちらの「Precompiled Binaries For Windows」から「sqlite-dll-win32-x86-3070900.zip」(dll版)をダウンロードします。
 展開したsqlite3.dllを\binにコピーします。

 コマンドプロンプトで…
gem install sqlite3

 …とします。

◆Railsのアプリ作成
 適当なディレクトリを作ってコマンドプロンプトで以下を実行します。
rails new sample

 この時にjsonのbundleで失敗することがあります。
Installing json (1.6.2)
Gem::InstallError: The 'json' native gem requires installed build tools.

 この場合はDevKitのインストールして対応します。

◆DevKitのインストール
 こちらから「DevKit-tdm-32-4.5.2-20110712-1620-sfx.exe」をダウンロードします。
 解凍してコマンドプロンプトから以下のコマンドを実行します。
ruby dk.rb init
ruby dk.rb install

 この後…
rails new sample

 …を実行します。

◆動作確認
 http://localhost:3000にアクセスして「Welcome」画面が表示されればOKです。


タグ:Rails
posted by yohhatu at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック