2011年05月01日

[仕事]時にはWindowsの標準ツールも…

 技術者であれば、普段使っているパソコンには色々なツール…便利になる、生産性が上がるとか…が入っていると思います。

***********************

 エディタ1つにしても、Windows標準のメモ帳ではなく、秀丸だったりサクラエディタだったり色々です。
#そもそも「Windows?使ってないよ、Linuxだよ」という方もいますし。

 私もファイラー、クリップボードユーティリティなどいくつかのツールを使っています。

 それを追求して自分のパフォーマンスを向上していけば良いのですが、それに関連して、同僚から聞いて「なるほどなぁ」と思ったことがあります。

 それは「(そういうツールが何も入っていない)Windowsの標準ツールや便利機能をそれなりに知っておくこと」です。
 
 システムテストやセットアップ作業などいくつかの場面において、お客様先でパソコンを借りて検証やテスト、作業をする場合があります。

 中には、たとえインストーラーがなく、レジストリを変更しないツールでもインストールがNGなお客様もいます。
 そのような場合に、「○○ツールがないと作業効率が著しく落ちる(もしくは作業ができない)」ではなく、Windows標準ツールでもそれなりにできる…同じ効率でなくても…ようになっておく必要もあるということです。
#幸い私が経験したお客様は、作業用パソコンには「レジストリを変えず、かつ、使い終わったら消してくれたらOKよ」という基準の所がほとんどでした。
***********************

 たまにはそういうWindows標準のツールだけでどこまでできるのか試してみるのも良いと思います。

#余談。システムエンジニアなりプログラマーなり(肩書きは何でも良いのですが)、ITに携わっている人のパソコンを見た時にエディタがメモ帳しか入っておらず、それを使っている時のガックリ感は相当なモノです。


posted by yohhatu at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック