2010年02月07日

[仕事]OracleXEのポート変更方法

 以前のPJでOraceXEを使ったのですが、その時に調べた「ポート変更方法」の備忘録です。

#この時は、本番環境ではOracle10gR2を使うことになっていましたが、そのライセンス購入手続きの待ち時間がもったいなく、また技術調査をしたいこともあって使いました。

***********************

 OraceXEのデフォルトポートである8080は、TomcatなどのJava開発においてよく使われるポートでもあります。

 Tomcatはそれぞれのローカル環境にもあるので、そちらは変えたくないと思い、調べました。
 以下のコマンドでOKです。

exec dbms_xdb.sethttpport(8081)


 後は、スタートメニューにある「データベースのホームページに移動」…管理画面…のポートもそれに合わせて修正します。

 ちなみにインストール時にすでにTomcatが起動しているなどして、8080ポートが使われていると、「どのポートにする?」て聞いてくると思います。

***********************

 最後に、OraceXEは10gベースですが、10gにはR1、R2などの後継バージョンもあります。

 ですので、全く一緒かと言われると限りません。
 そのため、例えば「Oracle9iからOracle10gR2へDB移行があるけど、10gR2が来るまでに同じ10gだからOraceXEで確認しておこう」とした場合などには注意が必要かと思います。


posted by yohhatu at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック