2008年01月31日

[雑多]サイトバレしたら…

 リアルでの友人/知人/家族のサイトやブログを見かけたら、どう反応しますか?

***********************


 見られる方は「サイトバレ」ですが、「自分が運営しているウェブサイトのことを、知られたくない人に知られてしまうこと。」(はてな)ということらしいです。

 「知られたくない」ってところは置いておいて、ここでは「期せずして知ってしまった」とします。

 仕事関係の調べものをしていたりすると、以前、社内SNSと同じエントリをインターネット上のブログで見つけることがあります(つまり同僚…顔を知っているかは別として)。
 また(最近ご無沙汰ですが)mixiのコミュをたどっていくと「あれ、この人、リアルで知ってるかも…」と思うこともあります。

 そんな時、何らかのメッセージを送るorリアルで声をかけた方が良いか、それとも素知らぬフリをした方が良いか…と思ったわけです。

 自分ならどうだろう?と考えると…。

 とにもかくにも読んでくれている人からのアクションは単純に嬉しいと感じます。
 またより深く話す機会があれば、どのエントリをどんな風に感じたか等、色々を話したりもすると思います。

 それから、次にエントリを書く際にその読んでいた人を少なからず思い浮かべて「このエントリにはどんな風に反応するかな?」とかダイレクトなイメージが浮かぶと思います。

#余談ですが、社会的に影響の大きい話題を扱ったりする大手ブログなどで、「炎上」したり話を聞きます。
 焚きつけて「炎上」させるのもどうかと思いますが、書き手としては、インターネットの向こう側の読み手を想定していないからとよく言われます。


 善し悪しは別として、リアルでの読者がいない場合と比べ内容は多少変わる…どちらかと言えば(ニュアンス的には)配慮する割合が多くなるかもしれません。

***********************


 まぁ、基本的には声をかけてもらえると嬉しい + それがブログを書く動機にもなるタイプだなぁと思ったわけです。


タグ:考察
posted by yohhatu at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑多 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

[仕事]SSH接続の方法

 WindowsからLinixにTelnet(UTF-8 TeraTerm Pro with TTSSH2putty)を使って接続しています。
 そこでその挙動にちょっと疑問があったので、その環境を作るまでのの自分用備忘録です。

***********************

[日時]
2008/01/某日 4:00〜4:45

[目的]
 VMWare上のUbuntuに対し、ホストPC(WindowsXP)からtelnetでつなぎたい。

[実施手順]
[1]まず通信ができるかホストPCからpingを実行。
>ping
>Ping request could not find host . Please check the name and try again.

→「そんな名前のhostはないよ」ってことで、VM上のIPアドレスを確認する。

[2]VMのIPアドレスを調べる。
 全て表示したいネットワークインターフェースを表示させたい場合…
>/sbin/ifconfig -a
 特定のネットワークインターフェースを表示させたい場合…
>/sbin/ifconfig eth0

→IPアドレスは***.***.***.***と判明。

 今度はIPアドレスでpingを実行。
>ping ***.***.***.***
>Packets: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss),

→成功。

[3]Telnetで接続する(SSHのインストール)。
 これだけでOK?とか思いながらTeraTermで接続。
>「接続を拒否されました」

 ちょっと調べるとtelnetよりSSH接続が良いとあったので、そっちに切り替えて実行する。
>「接続を拒否されました」

 ひょっとして…と思って調べるとsshのモジュールが入っていない。
 Ubuntu日本語フォーラムを参考にaptコマンドでインストールする。
>sudo apt-get install ssh

→さくっとインストール完了。

[4]再度、Telnetで接続する。
 TeratermでSSH接続をすると接続OK。

***********************


 ってことで本来調査したかった環境が整ったところで時間切れ…眠たくなりました。
posted by yohhatu at 11:47 | Comment(1) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

KPT法を使う場合に気をつけること

※この記事は新しいブログに移行しました。

移行先は【KPT法を使う場合に気をつけること – サウスポーなエンジニアの独り言】です。
posted by yohhatu at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

[ツール]IsoBuster

 マイクロソフトのOffice等をダウンロード(もちろん正式なルートで)しようとした場合、イメージファイル(iso)形式のみな場合があります。

 利用用途としてCDやDVD等に焼いてねってことですが、そうしたくない、または機器が手元に無い状況もあります。

 そんな時のためのiso形式のファイルを展開できるツールがIsoBusterです。

***********************


 海外の製品(英語)でシェアウェアな様ですが、一番用途の多い↑で使う分には無料版限定機能(有料版でどう変わるのか調べていませんが)で十分だと思います。

 使い方は至ってシンプルです。

[1]使いたいisoイメージファイルを選択する。
 この時点で展開した場合の構造も表示してくれるので確認すれば良いでしょう。

[2]展開先フォルダを指定して展開する。
 これだけです。

 一応、日本語パッチもdllで公開されています。
 それを[IsoBusterインストールフォルダ]\Langにコピーし、オプションの言語で日本語を選択して、IsoBusterを再起動すれば日本語になっています。

***********************


 利用頻度がそう高いわけではありませんが、最近仕事で使う機会があったので紹介しました。

◆公式サイト:IsoBuster
◆インストール方法:IsoBusterのインストール(日本語化)
タグ:ツール
posted by yohhatu at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

調査系タスクのやり方

 新しい技術、単語やツールを調査するタスクは効率良くしないと時間だけが際限無く過ぎていきます。
 また「何が分かればOKなのか?」を認識していないと、枝道に迷い込んだりして、これまた時間が過ぎてしまいます。

※単語の意味を調べていると「単語の説明にある単語の意味が分からない」→「新たに分からない単語の意味を調べる」→「またその中に意味の分からない単語がある」の繰り返しで気がつくと本来自分が知りたかった単語の概略さえもつかめずに時間だけが過ぎていることがあります。


 で、そうならずに効率的にタスクをこなすために自分が行っていること(一種のパターン)です。

 ちなみに今から書く方法は、タブブラウザを使っているのが前提です。私は、少し前まではスレイプニールでしたが、最近、Firefoxに宗旨替えしました
***********************

[1]ググってみる。

 多くの方が最初にする行為だろうと思います。

 #「ググる」と動詞(?)は少なくともIT業界では、ほぼ通じるようになっていると思います。


 最初に調べたい単語のみで検索します。

 あまりに一般的な単語だと大量の検索結果が表示されますが、Google先生の素晴らしいところは、そこに類似検索の用語やよく調べられている組合せも表示されます。
 なので、より自分が調べたい事象に近いリンクも別のタブで検索します。

 で、検索結果の上位1,2ページ分(サイト数だと5〜10個)をババッと開きます。

 この時、ある程度、開いたページが分類分けできそうなら、Firefox自体を2つ立ち上げて、それぞれの分類を決めてタブを振り分けていきます。

 こうすると、1つのブラウザが無数の(同じテーマだが分類が違う)タブで埋め尽くされることもなくなります。

 私はメインのブラウザ(普段から見るサイトが開いています)の他に、調査時に「たぶんヒットするだろう」と「あまり関係無さそうだが、ひょっとしたら…」の2つのブラウザの計3つを開くことがあります。

[2]タイムスタンプで選別
 IT系の技術だと、ドッグイヤーやマウスイヤーと言われているので、年単位の過去の場合、陳腐化している可能性もあります(Tipsやノウハウはそうでもありませんが)。
 ですので、あまりにもタイムスタンプが過去の場合、優先度を下げる意味で、タブを後ろ側にやります。

#以下、余談ですが、タイムスタンプが無いエントリ、記事を時々見かけます。
 情報発信的な内容やそれなりにページビューがある情報提供サイトの記事であれば、文責としてタイムスタンプが記述されていないのは、いかがなものかと思います。
 同じようにタイムスタンプがmm/dd(月/日)だけでyy(年)が無いと「何年の8月のことやろう?」と迷ったりします。
 動きが早いIT業界や鮮度が大事なイベント毎等のエントリや記事の場合、こういうのに気をつけておかないといけないものです。


[3]まとめ系ページと個別系ページを分類する。
 IT系だと@ITに、たいがいの事柄についてまとめ系のページがあります。

 こういうページは、ざっくり概略をつかみたい場合に役立つのでタブを前に持ってきて、最初の方に読みます。
 また、こういうページには「もっと詳しく知りたい方はこちら」リンクがあるので、それも活用します。

[4]調べた内容を記録しておく。
 だいたい[3]までで、調査の結果自体は出ています。

 それプラス、最近はググった単語、参照したページ等の調査経過や分かったことを、スナップショットやメモに記録しています。

 1度調べて、理解/記憶できれば良いのですが、後日同じことを調べたり、別の機会にそれについて報告する必要があるかもしれません。
 それに自分の為の備忘録にもなります(結構「あれ、この前同じようなこと調べたけど…あのサイトのURLとか分からへんなぁ…」てのがあります)。

***********************

 だいたい調査系タスクはそれ本来が目的ではなくて、その結果から次のタスクが発生する(こっちが本来のタスクになる)ので、効率的にタスクを済ませたいものです。
posted by yohhatu at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

[雑多]サイゼリヤの間違い探し

 ちょくちょくファミレスのサイゼリヤに行きます。

 そこのお子様メニューに「間違い探し」が載っています(ちなみにこの前は「モッツアレラチーズのできるまで」でした)。
 毎回10個あるのですが、けっこう難しいんです。
 
 Googleで検索したら関連検索に出るくらいです。

サイザリヤ.PNG

 5個くらいまでは簡単に見つかるのですが、それ以降になると「お!?(発見?)…(見比べて)…あぁ〜、一緒やわ〜」てな感じです。

 先日もヨメとご飯を食べながら「あ〜、ここかぁ」「最後の1個見つからへん〜」と二人でワイワイ言っていたら、あまりにも長くはまっていた私達を見かねてか店員さんが「答えありますので、よろしければ見てみますか?」と声をかけてくれました(笑)。

 おかげで、お腹も気分も満たされた感じで(むしろお腹は食べ過ぎ・笑)お店を出ることができました。

 

タグ:日常
posted by yohhatu at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑多 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

[ツール]NetBeans

 現在のプロジェクトはRubyOnRailsで開発します。
 で、その開発ツール(IDE)としてNetBeans6.0を使っています。

 このプロジェクトの当初は、RubyOnRailsの開発にあたり、エディタのみだったのですが、生産性が上がらず(メンバーがRubyとRubyOnRailsの基本が身についているのであれば別の結果になっていたのかもしれませんが)、何か良いIDEは無いかな?と探していた結果です。

***********************


 で、まずEclipseベースのIDEであるAptanaを試してみました。

 Eclipseベースなので操作性等は良かったのですが、当時Beta2だったりしていくつか開発を進める上で「ちょっと大変やな」的な現象がありました(今は解消されているかもしれません)。

 そんな時にNetBeansが「Ruby」に対応したと聞きました。
 NetBeansは、私の知る限り、当時、エディタとコマンドラインで開発するしかなかったJavaのIDEとして登場しました。

 その当時は、IDE自体がパソコンに求めるスペックが高かった(重たかった)のと、後にJava開発(今ではそれ以外でも)IDEのスタンダード
となるEclipseが登場し、取って変われました。

 その後、しばらく話を聞かないなぁ…実際には話には聞いていたのですが、Eclipseの能力を上回っている&私自身がJavaの開発をしていなかった…と思っていたのですが、ここに来て復活した感じです。

 で、ここ3ヶ月近く使ってみて(その間にBeta2→RC1→正式版と遷移しましたが)、かなり満足しています。
 
 当然、補完機能、バージョン管理(CVSやSubversion)との統合、デバッグ機能などおそらくIDEに期待される機能は一通りありますし、RubyOnRailsでの開発という側面で見た場合でのgemの管理や各rakeタスクの実行もできます。

 今のところ個人的な不満としては下の2点くらいです。

[1]プロジェクトウィンドウとソースコードが同期しない。
 選択するソースファイルを変えれば対応してプロジェクトウィンドウのツリーの展開/折り畳みも同期してくれると、今どこにいてどれを見ているのかが分かりやすいと思います。
※ひょっとしたら設定できるのかもしれませんが、見つかりませんでした。

[2]たま〜に動作検証中に、NetBeansがJavaのNullPointerExceptionかOutOfMemoryを出力して、NetBeans自体の反応が無くなります。
 アプリケーション本体自体は動いているので検証ができなくなることもないですし、NetBeansを再起動すれば問題無いのでそれ程苦になりません。

***********************


 2008年1月末には日本語版のNetBeans6.0もリリースされるとのことですし(今は英語版NetBeansに日本語パッチを適用しています)、楽しみです(その頃にはこのプロジェクトもユーザテストをしていますが)。

NetBeans.png
NetBeansの画面
posted by yohhatu at 08:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

社内SNSを使っていて…

 会社に社内SNS(SNS…ソーシャルネットワークサービス…代表的なのはmixi)があり、社員の7,8割がユーザ登録しています。

 「作ったは良いけど、閑古鳥が泣いている」わけでもなくそこそこ繁盛しています。

#部署によって温度差はありますが、エントリやそれに対する書込を見る限りは今のところ成功と思います。
 2007年前半頃からそのような社内SNSの話題がWebや雑誌に載っています。

 社内SNSにある目的の1つに「情報共有」があると思います(特に経営者が思いそうなこと→「『情報共有』して組織力をアップして、ビジネスチャンスを広げるぞ!」)。

 この「情報共有して云々…」(横文字だと「ナレッジ」と言ったりしますが)は、ず〜っと前から、不死鳥のように何度も消えては甦っているキーワードと思います。

 古くはファイルサーバと共有フォルダ、サイボウズなどのグループウェア、そして最近のSNS。

 技術的なレイヤーの違いはありますが、最終的ゴールはそこ(情報共有して…)にあります。
 ただ本物?の不死鳥と違うのは、劇的な効果を上げている事例は少ないことです。

***********************

 現場にとって発生する悩ましい問題が、情報やナレッジの公開範囲です。

 件の社内SNSでも、前職で使っていたサイボウズでも「この情報はこの部署の人だけ」や「パートナーには見せたらあかん」等色々な制約が出てきていました。

#本当に見せてはいけない情報を保護するのは当たり前ですが…

 そういう制約がキレイに割り切れる…定義や設定が可能…なら良いのですが、結局…

 "この情報"は「Aフォルダ」にあるのが相応しいが、"この情報"の一部は「Aフォルダ」を見れない人も見る必要がある。

 そして「Aフォルダ」以外に、その人(=本来Aフォルダを参照できない人)が見ることのできる「Bフォルダ」をわざわざ作って、そこにもちょっと違う"この情報"を置きます。
 

 忌み嫌われる『二重管理』の誕生の瞬間です。

 もう少し具体的に…
 提案書や要件定義書には、お金のことも記述されることがあります(そもそもお金のことは別の資料にすれば良いと思うのですが…)。
 設計する上でその要件の背景を知るため等の理由で、パートナーや(権限の弱い)社員がその要件定義書を見る必要があります。
 その場合、(セキュリティ上)受注金額などお金のことを知られるとまずいと考え、その要件定義書を置いている場所(Aフォルダ)とは別(Bフォルダ)に金額のページだけを抜いた要件定義書を置きます。
 ところが、お客様との打合せで要件が変わったりして、要件定義書が更新されたとします。
 で、その時にAフォルダはもちろん更新されますが、もう1つのBフォルダのファイルは更新を忘れたりして、差異が出てきます。
 その結果、設計する時に古い方(更新忘れになっているBフォルダ)を見て…となるわけです。


***********************

 当然、ますますセキュリティが厳しくなっている状況で、こういう情報開示に強めの制限は必要です。

 ただ、こういう制限は現場のプロジェクトメンバーにとっては、本来使わずに済むリソースを使ってしまうものです。
 少なくともそのプロジェクト内ではそういうことをある程度事前にでも考え、情報の管理や構成管理を考えていかないとなぁと思ったわけです。
タグ:考察
posted by yohhatu at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

[雑多]2008年目標

 今回は2008年の目標です。

***********************


◇ブログを書く
 目標は100本くらい(2007年は64本書きました)。

 机上の計算では3日に1本書けば余裕ですが、平日はなかなか書く気力が残らないのが正直な所です(2007年のエントリを見れば一目瞭然)。

 とは言っても、常日頃から「抽象的な考え」を「具体的な文章」に表現する能力を高めたいと思っているので目標としました。

 日記的なことだけでなく、(情報発信は大げさですが)できるだけ技術やツール、仕事に対する考え方なんかも書いていければと考えています。

未来日記を書いてみる

 「未来日記」がどういうものかはリンク先を参照して下さい。

 どうしても忙しくなると目先(今日や明日のこと)のことでいっぱいいっぱいになります。
 で、そうならないように一歩引いて少し先(1週間スパン)を見通して、考え行動する為の仕組みです。

 2007年にも1ヶ月程実行したのですが…挫折しました。

◇体重を落とす
 目標は60キロ台。

 30歳を越えてこれからもバレーを続けたいですし、もちろん健康にも良くないので。
 といっても特別「ダイエット〜!!」と力を入れずに当たり前のこと(間食をしない、勢いに任せて食べない)を当たり前にして、結果が出れば良いなぁという感じです(こんな意志の弱さだからダメなんですが・苦笑)。

◇ソフトバレーの大会で1回は優勝する
 去年は1回でした。

 その為に前のエントリで書いた課題をクリアできるよう練習を頑張ります。

◇ケガしないで1年過ごす
 2006年に左肩、2007年に左足首と毎年どこかケガしているので…って目標じゃなく願望ですが(笑)。

◇カードマジックもボチボチする
 もう1つの趣味なんですが、2007年は環境が変わって(周りに一緒にする人がいなくなった)ちょっとご無沙汰になっていました。

 せっかく出来るようになったことですし、錆びないようにボチボチやろうと。

◇去年良かった点はこれからもキープ出来るようにする
 仕事でもなんでもそうですが、「なんか分からんけどうまくできた」で終わりにするのでは無く、それを分析して再現できる状態にする(理解する)ことで初めて自分のモノになるし、レベルアップできると思います。

***********************

 ↑には書いてないですが、仕事も頑張る前提です(笑)。
posted by yohhatu at 15:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑多 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

[雑多]2007年出来事

 三が日も過ぎましたが明けましておめでとうございます。

 少し遅めですが、2007年の出来事を備忘録として書いておきます。

***********************

■2007年の出来事

◇1月
・2006年夏に肩を痛めてスパイクを打てないので、行かなかったソフトバレーの練習に10ヶ月ぶりに復帰。
・イヌ(かんた)が家にやって来た。

◇2月
・中学時代の同窓会。学年全体かつ恩師も呼んでの盛況なもの。
・遅まきながらmixiにはまる。

◇3月
・今の会社に転職。

◇4月
・最初のPJが自分的にボロボロで凹む。(〜6月まで)
・ソフトバレーのクラス別大会で優勝。

◇7月
・家族の手術に立ち会う。
・左足首捻挫。

◇8月
・ネコ(チャー)が家にやって来た。
・31歳になった。

◇9月
・数年振りにソフトバレーの合宿に行く。
・転職して半年で異動になる。
・PSPを買った(正しくはヨメへのプレゼント…)。

◇10月
・結婚3周年。色々ケンカもしたが、なんとか。

◇11月
情報処理試験に合格

◇12月
人生2度目のMRI
・PS3を買った(正しくは[以下略])。
・同居して1年過ぎた。まだまだ改善の余地はあるし、メリットデメリットがあるが、まぁなんとかという感じ。

◇その他
・バレーで歳の近いメンバーも入って、良い刺激になった。
・とりあえずブログが1年続いた。

***********************


 何はともあれ2007年は転職ってのが大きなイベントでした。
posted by yohhatu at 14:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑多 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。